MyAdvantech Registration

MyAdvantech is a personalized portal for Advantech customers. By becoming an Advantech member, you can receive latest product news, webinar invitations and special eStore offers.

Sign up today to get 24/7 quick access to your account information.

デジタルトランスフォーメーションを手に入れたプラスチック射出成形設備

11/18/2019

イントロダクション

 従来の多くのプラスチック製造工場は、手動記録で機器の稼働時間と稼働率を決定しているため、エラーや従来の慣習によってデータの正確性を低下させる可能性がありました。他の多くの産業と比較しても、これらの工場の多くのレガシーな機器にはまだデジタルコントローラーが備わっていないため、IoTベースでのインテリジェントな製造と管理を実装することは困難でした。  

 Sunstigeは、台湾で最も有名なプラスチック射出成形サービスプロバイダーの一社によって委託を受けたIT企業であり、多くの従来型の製造工場がインダストリー4.0の製造・管理に向けて直面した障壁を打破するように設計されたIoTソリューションを提供しています。Sunstigeは、アドバンテックと提携することで、プラスチック製造工場の射出成形機を対象に、機械に付随する3色ライトからデータを収集し機械の動作状態を理解するためのソリューションを開発しています。LEDトライライトデバイスの場合、通常、赤色のライトは故障を、黄色のライトは非稼働時間を、緑色のライトは稼働時間を示します。時間と色の信号が収集され、フィールドエッジサーバーに送信することで、可用性の分析とデータの記録が行われます。  

 監視システムは、製造設備資産管理の改善に役立つ、洞察に富んだ意思決定の基礎として、客観的で科学的な統計データを提供するための管理を行います。この革新的なステータス監視システムは、多くの従来型製造工場に複製・展開でき、設置にかかる時間とコストを最小限に抑えながら、極めてセキュリティ性能が高い方法で運用データを収集するために使用することができます。また、それにより従来型製造工場の変革と向上を可能にします。


アプリケーション要件

ほとんどのプラスチック射出成形工場は、データ収集用のデジタルコントローラーを持たない古いレガシーな機器を使用しているため、センサーとアドオンデータモジュールを使い、すべての3色ライトから色と時間の信号を収集する必要がありました。取得したデータは、分析のためにエッジサーバーに送信されました。このエッジサーバーは工場全体のデータを統合する必要があるため、IoTゲートウェイやデータベース機能などいくつかの重要な機能を同時に提供する必要がありました。また、高性能処理、複数のI / Oポート、およびデータの視覚化とデバイス管理用のプリインストールソフトウェアも備わっているので、管理者はすべての操作を監督し、より多くの情報に基づくデータ主導の意思決定プロセスを行うことができました。

ソリューション
 
 アドバンテックのEIS-D150 エッジインテリジェンスサーバーは、4GB RAMおよび64GB SSDを搭載し、第6世代Intel Uシリーズi5プロセッサー上で実行されるハイエンドエッジインテリジェントサーバーです。さらに、EIS-D150は複数のI / Oポートを提供し、最大20個のアドバンテック ADAM-6050またはWISE-4051データ収集モジュールと接続するために使用されました。顧客は1つのユニットを配備するだけで、工場全体のすべての機器からのデータを統合でき、多くのコスト抑えることができます。ADAM-6050は、イーサネット経由でデータを送信し、WISE-4051はワイヤレス経由でデータを送信するアドバンテックのデータ収集用製品です。どちらも、現場のネットワークの確立に応じてユーザーに柔軟なオプションを提供します。
 
 すべてのアドバンテックEISサーバーには、WISE-PaaS / DeviceOnデバイス管理ソフトウェアプラットフォームがプリインストールされています。WISE-PaaS / DeviceOnには、システム設計者がさまざまなフィールド通信プロトコルをIoT標準言語に変換するためのプラグインを開発するためのAPIを含む多くの便利な開発ツールが含まれており、エッジアナリティクス機能を備えたデータベースの提供に加え、IoTゲートウェイとしても機能することができます。IoTソフトウェアプラットフォームは、視覚化されたデータを作成するためのダッシュボード作成ツールも備わっています。

 全体として、機器監視システム要件に最適なコンピューティングソリューションであることが証明され、会社の上位層の情報システムと迅速に接続して、生産性、資産投資、および管理を改善する方法に関する意思決定の基盤を提供します。  

利点

  • 従来の製造方法では取得が困難であった機械操作データを取得するために、セキュリティ性が高く、簡単かつ迅速な方法を提供します。
  • 機械監視を実装するために、顧客の機器を変更する必要はありません。
  • 従来の手動記録を、機器の可用性の値を取得しリアルタイムの生産モニタリングをより少ないエラーで行うITメソッドに置き換えます。
  • 従来の製造工場の機器のアップグレードを支援し、IoTベースでの産業変革を容易にします。
  • より効率的な設備投資、生産性の改善による設備稼働時間と可用性の向上など、データ駆動型の意思決定のメリットを享受できます。