MyAdvantech Registration

MyAdvantech is a personalized portal for Advantech customers. By becoming an Advantech member, you can receive latest product news, webinar invitations and special eStore offers.

Sign up today to get 24/7 quick access to your account information.

ICテストのワークフローの効率と生産性を最適化するリモート監視システム

11/18/2019

イントロダクション
 
 某IC設計会社は、世界有数のTVコントローラーSoCサプライヤーです。その生産量は膨大であるため、製造拠点である台湾では、設計および製造するチップの機能が特定の顧客要件を満たすかどうか確かめるために、数百台のコンピューターを使用して、常に数千台のTVモジュールを同時にテストしています。  

 過去には、業務用のPCを使ってタスクを実行していましたが、故障率が高いため絶えず問題を抱えていました。また、業務用PCのサプライヤーは、特定の産業ニーズを満たすために部品を変更または修正することに対応できずにいました。さらに、ネットワーク管理プラットフォームがないため、ICテストエンジニアは、各コンピューターの近くに留まってテストプロセスと結果を監視し、必要に応じて新しいテスト条件を変更してコンピューターに入力する必要があったため、非常に多くの時間と労力を消費していました。  

 モノのインターネット(IoT)テクノロジーの可用性が向上したため、同社はICテスト部門での従来の方法を変更することにしました。彼らはITインテグレーターに協力を要請し、標準的なPCの代わりにアドバンテックのエッジインテリジェンスサーバーを利用することにしました。そして、アドバンテックのWISE-PaaS/DeviceOn IoTプラットフォームをベースに、すべてのICテストプロセスを実行および監督するリモート監視制御システムを構築することを決定しました。
 
 新しいICテスト監視制御システムを適切に導入することで、ICテスト監視制御システムのテストエンジニアは、中央制御室に座ってダッシュボードのデータを表示するだけで、すべてのテストを実行する数百台のフィールドコンピューターを監視できます。また、現場に行くことなく、サーバーからプログラムとソフトウェアを無線通信で更新することができました。   

 これにより、新しいテスト条件をフィールドコンピュータのグループにリモートで一度に無線で入力できるようになり、システムはソフトウェアバージョンの記録と、将来の検索のための履歴データを自動的に保持します。このようにして、同社は機器管理機能をアップグレードし、テストのワークフローと効率を改善し、それによって全体的な生産性と効率を向上させました。


アプリケーション要件

 このアプリケーションで使用される産業用コンピューターは、厳しい製造現場の環境に耐え、1日24時間、週7日、故障なしで動作する必要があるため、高い信頼性と安定性が必要でした。さらに、顧客の要求を満たすために、システムの継続的なオンデマンド変更が必要になります。  

 また、高度なリモート機能も必要でした。これにより、無線でソフトウェアを更新できるだけでなく、リモートデスクトップからすべてのフィールドコンピュータのハードウェアおよびファームウェア設定を制御および管理できます。そのため、システムにIntel®AMTremote管理テクノロジーを搭載し、エンジニアがWebに接続しているすべてのコンピューター資産を診断、修復、保護し、管理プロセスを簡素化できるようにする必要がありました。

ソリューション

 Intel Core i5グレードのプロセッサで実行されるアドバンテックの EIS-D150エッジインテリジェンスサーバーには、エッジコンピューティングサービスをクラウドにリンクするハードウェアとソフトウェアが統合されています。現場での迅速な展開に適した強力なエッジコンピューターであり、このICテスト監視制御システムに最適です。IAMTリモート接続/ハードウェア管理機能がアドバンテックのWISE-PaaS/DeviceOnプラットフォームに統合されているため、EIS-D150エッジサーバーは、すべてのフィールドおよびバックエンド機器とデバイス、データ、アプリケーションを迅速に展開、接続、統合できます。    

 このプロジェクトを実行するために、同社はICテスト部門内で元々所有していた業務用PCを、何百ものEIS-D150ユニットに置き換えました。そして各EISは、テストプロセスを制御し、テストデータをアドバンテックの EIS-S230バックエンドサーバーにアップロードするICテスト機器のセットに接続されました。EIS-S230中央サーバーは、Kubernatesコンテナテクノロジーを使用したマイクロサービスアーキテクチャをベースとしており、容易な拡張性と無線による集中監視および管理の利点を提供します。   

 一方、アドバンテック WISE-PaaS / DeviceOnソフトウェアプラットフォームは、IoTおよびクラウドアプリケーションの開発に必要なすべての開発ツールとドキュメントを統合します。また、データの視覚化とデバイス管理のための直感的なインターフェイスを備えたカスタマイズ可能なダッシュボードを作成するダッシュボード作成ツールが含まれます。IoTソフトウェアプラットフォームには、Node-REDフローロジック編集ツールも含まれています。このツールは、テストワークフローやプログラムの小規模な改善や更新など、ICテストプロセスをすばやく変更することができる使い易く強力なツールです。変更内容は無線通信機能を介してターゲットのフィールドコンピュータに迅速に展開可能です。. 

利点
  • IoTテクノロジーの導入により、機器管理機能が強化され、ICテストプロセスが最適化され、全体的な生産性と効率が向上します。
  • 無線通信テクノロジーを介したリモート監視およびソフトウェア更新の実装により、ICテスト部門の作業負荷が軽減され、他のタスクのためにエンジニアの負荷が緩和されます。
  • 産業グレードのコンピューターは、生産ライン環境でより高い堅牢性と信頼性を提供し、システムの修正とメンテナンスを伴うアドバンテックの強力なエンジニアリングサポートとサービスを提供します。