MyAdvantechに登録

「MyAdvantech」はアドバンテックのお客様のための専用ポータルサイトです。メンバーに登録されたお客様には新製品、オンラインセミナー、eStoreでのディスカウントなどの情報を配信いたします。

メンバーに今すぐ登録!

海老養殖の新時代:AIによるモニタリング制御の利点

2023/04/21

AIが海老の養殖における持続可能な生産方法に貢献

長年にわたり海老の養殖は収益性の高い産業でしたが、非効率性や廃棄物に関連する課題に直面しています。しかしながら、人工知能(AI)はこの産業における効率性と持続可能性の重要な要因として浮上しています。AIを監視や管理に活用することで、養殖業者は餌のプロトコルを最適化し、海老の健康維持ができるため、廃棄物を削減し、飼料変換率を向上させて海老の生産量を増加することができます。このように、AIは繁殖業におけるより持続可能な生産方法に貢献することができ、餌の廃棄物を最小限に抑え、環境への影響を軽減することも含まれています。

給餌プロトコルの不備や環境要因への不適切な配慮は、海老の収穫に悪影響を及ぼす可能性がありました。運営の誤管理は、海老の健康の低下につながることもあります。餌の効率的な利用や水質の悪化は高度に濁った状態を引き起こし、頻繁に水交換を必要とします。AI技術はこれらの課題に対処し、農家に運営を最適化する強力な新しいツールを提供するという大きな可能性を秘めています。

システム要件

AI技術を最大限に活用するためには、海老の養殖業者がリアルタイムの観察とデータにアクセスする必要があります。このシステムは生産環境や給餌、エビの行動などをモニタリングし、健康状態と結び付けることができます。これにより、農家は運営を最適化して廃棄物を削減し、環境への影響を最小限に抑えることができます。

システム概要

このシステムは、カメラ、重量センサ、水質センサなど、複数のセンサからデータを収集するPCゲートウェイで構成されています。このデータは、酸素供給装置と給餌機の制御に使用されます。酸素供給装置は、水の循環を調整し、給餌機は海老に餌を与えるタイミングを制御します。

MIC-770V2ユニットには、10世代のIntel® Core™ i CPUが組み込まれており、データ取得と処理をサポートしています。有線と無線の両方のネットワークに接続し、MIC-710AIXエッジAIシステムと、SKY-640V2バックエンドサーバと通信することができます。MIC-710AIX AIシステムは、NVIDIA Jetson Xavier NX SoMで駆動されており、MIC-770V2からのセンサデータを収集します。給餌と海老の成長のAIモデルは、Xavier NX CUDAコアで処理され、そのメタデータはMIC-710AIX AI推論ユニットを介してMIC-770V2に送信され、最適な条件を維持するために酸素供給装置と給餌機が調整されます。また、SKY-640V2 GPUサーバはさまざまなエビプールからデータ収集し、より精密で効率的な管理のためにAIシステムを再訓練します。

システム構成図

System Diagram

導入製品

  • MIC-710AIX:NVIDIA Jetson Xavier NXをベースにしたAI推論システム
  • MIC-770V2:コンパクトな制御システム
  • SKY-640V2:データダッシュボード用のGPUサーバ

アドバンテックのAIソリューションが選ばれる理由

海老の養殖業者は、AIを活用したモニタリングと制御を導入することで多くの利点を得ることができます。海老の集団をリアルタイムでモニタリングし、餌のプロトコルを適切に調整することで飼料変換率の向上や廃棄物の削減を実現します。これにより、海老の養殖業の環境への影響を軽減でき、蓄積されたデータの分析により、海老の集団の時間経過における動向や、長期的な生産の強靭さを向上させる方法について理解を深めることができます。

海老の養殖業は、飼料の廃棄物処理や環境への影響などの重要な課題に直面しています。幸いなことにAIを活用したモニタリングと制御システムは、農家が餌の最適化や廃棄物の削減、効率性と持続可能性の向上を図るのに役立ちます。この先進技術により、海老の養殖業は持続可能で利益を生む産業になるでしょう。また、AIソリューションは、農家が運用を改善するための貴重なデータを提供することができます。超密植養条件下では、AIが海老の生産の強靭さと成長を向上させ、生産環境をより持続可能にします。先進技術と養殖経験の組み合わせにより、海老の養殖業の将来は期待されています。